My Diary

〜 日々の喜怒哀楽をつづった日記帳 〜

外食 2014年12月03日(水)

  332,739 byte

 晴れ(マイナス3℃)
冬化粧を始めた知床連山が、オホーツク海にポッカリ浮かぶ。
 あなた変わりはないですか♪日ごと寒さがつのります♪
消し忘れた暖炉の火が、しばれる朝の目覚めを楽にする。
 久しぶりの外食で、昔風ラーメンがランチになった。
禁酒日の長い夜に歌番組TVを楽しむ。
 着てはもらえぬセーターを♪涙こらえて編んでます♪


オホーツク海と斜里岳
 

大会 2014年12月02日(火)

  154,141 byte

 晴れ(マイナス2℃)
強い北風が師走の雪雲をさらう。
 解散・総選挙の公示日が列島に荒天候をもたらす。
外出の予定をすべてキャンセルし、家に引きこもる。
 パソコン相談室とアルバイトにボランティアが加わり忙しい。
冬のイベント、恒例のスピードスケート大会を手伝う。
 冬が来る前に♪もう一度あの人と♪


昨年のスピードスケート大会
 

漬物 2014年12月01日(月)

  338,850 byte

 ほぼ晴れ(3℃)
オホーツクブルーの空に白い雲の波が寄せる。
 とうとう、師走に突入した。
北国の余計な出費、灯油300リットルを補給する。
 漬物の差し入れがあり、お茶漬けがランチになった。
早くも、クリスマスソングが流れる。
 ジングルベル♪ジングルベル♪鈴が鳴る♪


年越しそばに少し早い、摩周そば
 

謙虚 2014年11月30日(日)

  181,729 byte

 曇り(1℃)
霧に抱かれて静かに眠る♪北の最果て摩周湖の夜♪
 屈斜路湖と共に火山活動が作ったカルデラ湖が2つある町へ行く。
反日、嫌韓の書籍が溢れる中、「韓国擁護論」という本が面白い。
 著者は友人の元NHK記者で、韓国に12年間の在住経験を持つ。
竹島の歴史、戦争の傷跡などを解きほぐし、謙虚になろうと訴える。
 川湯温泉で「韓国擁護論」を聴いた。


韓国の話を分かりやすく
 

名優 2014年11月28日(金)

  160,048 byte

 晴れ(1℃)
青い空が広がったけれど、知床連山は霞んで見えない。
 故高倉健さん主演の追悼映画がTV放映される。
先日の「あなたへ」に続き、「幸福の黄色いハンカチ」を観る。
 何度も観た映画だが、健さんの優しさが涙を誘う。
比類ない名優の演技が惜しまれる。
 網走と夕張を結ぶ映画祭を応援しよう!



網走のキャラクターグッズ・ニポネ(写メ)
 

相違 2014年11月27日(木)

  165,064 byte

 晴れ(2℃)
比較的暖かな一日になった。
 オホーツク網走フィルムフェスの打ち上げ飲み会に参加する。
紆余曲折いろいろあった映画祭だが、許容範囲に収まったと思う。
 人には誰も、良い所があり、悪いところもある。
それを、許容しながら歩むのが人生だと思う。
 大同小異、少しの意見の相違は乗り越えたいものだ。


打ち上げの焼き肉パーティ(写メ)
 

共感 2014年11月26日(水)

  33,257 byte

 晴れ(0℃)
北風が吹き飛ばした雲の後から、知床連山が現れる。
 朝晩の冷え込みが、冬将軍の手を引く。
解散・総選挙が近づき、政治家の街頭演説に力が入る。
 得票目当ての論戦が耳に痛い。
国家が何をしてくれるかだけでなく♪国民が何をできるか考えて欲しい♪
 故ケネディ大統領(米国)の名演説に共感する。


和さんの似顔絵だという(写メ)
 

晩さん 2014年11月25日(火)

  140,668 byte

 曇り時々ゆき(マイナス1℃)
北風に乗って来た雲が、知床連山を包み、気まぐれに雪を撒く。
 芯まで冷えた風邪気味の身体を温泉で癒す。
北見産のジンギスカンと差し入れのワインが晩さんになる。
 静かな♪静かな♪一日になった。
一晩中燃やす灯油ストーブの灯りが侘びしい。
 7回目の越冬準備が完了した。


ひとりの晩さん
 

安物 2014年11月24日(月)

  125,296 byte

 雲の多い晴れ(3℃)
オホーツクブルーの空の向こうに知床連山が冬の絵を描く。
 衆院解散で、慌ただしくなる師走に想いを馳せる。
幼馴染の友が、身体の不調を訴え、人間ドック入りするという。
 元気でいるからこそ続く友情に、偽りはない。
リサイクルショップで、衝動買いしたギターをメンテする。
 安物買いの銭失い♪


我が家の三個目のギター
 

記帳 2014年11月23日(日)

  338,116 byte

 曇り(1℃)
昨夜降った雨の水たまりが、凍てつく朝を迎える。
 飲んだ酒の残りが目覚めに頭をたたく。
冬将軍到来、師走まで残り一週間になった。
 道のえき「流氷街道」に設けた高倉健さんの献花台に人が集まる。
冥福を祈るフアンの記帳で、ノートがいっぱいになった。
 改めて、多くの人たちに愛された健さんを偲ぶ。


何度も観た映画
 


- Web Liberty -